前へ
次へ

日本の医療機関では本当に看護師不足なのか

病院によっては、看護師の人手を確保するのに悩んでいる事があります。病院によっては看護師の人数が足りないので、積極的に求人広告を出している事もありますから、日本は看護師不足であると思われているケースも多いです。しかし各国の医療に関する数字を確認してみると、そうとも言えない一面があります。人口1000人に対する看護師の人数に注目してみると、日本はそこそこ大きな数字になっているからです。日本の場合、人口1000人に対する看護師人数は9.4人であると言われています。その数字は、世界の先進各国とはあまり変わりません。むしろ、ヨーロッパの方が看護師は不足しています。実際ヨーロッパ西部のある国では、看護師人数は7.7人になっていますし、ヨーロッパ南部のある国では6.1人になっています。それらの国と比べると、日本は看護師の人数は比較的多い方です。看護師の人数は世界上位ではないものの、日本の医療業界の看護師人数は意外と多い事だけは間違いありません。

Page Top